トウシューズって言わないの〜?問題

Snowman

私が十数年バレエから離れている間、バレエ界には様々な変化が起こっていました。

これは衝撃でした。

もうひとつ、おや??と思ったこと、それは。。。

ポワント

トウシューズのこと、ポワントっていうの??

昔から、ポワントという言葉は使っていました。

私の通っていたバレエスタジオは、中学生以上は「ポワントクラス」というクラスになっていましたし、トウシューズを履いてつま先で立つこと自体を「ポワント」と言っていました。

ですので、ポワントという言葉を全く使っていなかった訳ではありません。

でも、シューズ自体のことを今は「ポワント」と読んでいるのをよく聞くわ。

これは、地域がらなのでしょうか。よく分からなかったので調べてみました。

何が正しいの?

今、トウシューズの呼び方は、

  1. トウシューズ
  2. ポワント(シューズ)
  3. ポイント(シューズ)

の3つが主なものなのではないでしょうか。

トウシューズ(toe shoes)

toe:つま先

という意味がありますので、つま先で立つためのシューズという意味です。

トウシューズでいいんじゃない。

ポワント(シューズ)(pointe)

英語読みしたら「ポイント」ですが、フランス語だと「ポアント」と発音します。単語自体の意味は「先の尖った、や先端」などの意味ですが、バレエ用語になると「つま先立ちした状態」の事を指します。

つまりトウシューズで立った状態を「ポアント」というのですね。

厳密にはポアントとは状態ですが、ポアントするための靴という意味で靴自体を「ポアント」と読んでいるのね。

これも間違ってはないわね。

ポイント(シューズ)(point)

フランス語のpointeの英語版ですね。

なので、ポイントシューズも間違ってはいません。

結局、どれも語源が多少違うものの、どれも正しいわ

そういえば

先日、paraviで配信中の「それSnowmanにやらせて下さい」の”それスノ学園の3時間目体育”の配信を見たいた時です。

それSnow Manにやらせて下さい|Paravi(パラビ)
視聴者からのギモンをSnow Manが体を張って“全力”で調査します!

ぶら下がり対決(誰が一番ぶら下がり棒にぶら下がっていられるか)の時に、宮舘さんのぶら下がってりる時の足をみて、佐久間さんが一言

ポイントしてる〜

と言ったのです。(佐久間さんは子供の時バレエをしていたそう)

足はクロスして、5番ポジションでつま先を伸ばした状態のような感じです。

佐久間さんはポイント派なのね〜英語派ね〜

と思いました。

ほとんどの視聴者はポイントっていう言葉聞き流したと思います。

バレエ用語がサラッと出てきた事もなんだか嬉しかったのですが、勝手に少数派だと思っていた「ポイント」という言葉を発していたので少し驚きました。

バレエは、様々な国でそれぞれ発展指定いるので、メソッドも多いです。

同じパでも、何通りか言語違いで言い方があったりします。

絶対これ!!

というものはないので、臨機応変に対応したほうが良さそうです。

以上、トウシューズって言わないの〜??問題でした。

おすすめです

美容番長としても活躍しているSnowMan 渡辺翔太さんも愛用している化粧水も格安で手に入りますよ。おすすめです!!

どんな舞台なのか気になった方は是非滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie のDVDを鑑賞してみてください。
バレエしている方には、 組曲とMybeいうダンスがおすすめ。
踊っている情熱が伝わってきます。

プロのバレエダンサーの衣装にも注目してね

プロのバレエダンサーの衣装にも注目してね

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

コメント

トップへ戻る